中古車オークションとは

中古車オークションとは

『中古車オークション』とは、お客様には聞き慣れないお言葉かと思います。

「中古車オークション?Yahoo!やGoogle等のポータルサイトで繰り広げられているネットオークションのこと?それとも、絵画や骨董品のオークションのようなアレ?」―そんなふうにお思いのお客様も、多くいらっしゃると思います。
中古車オークションというのは、そもそも、認定された中古車販売業者だけが参加できる、「業者間の仕入れ用オークション」がその発祥です。今でも基本的には仕入れ用という性質の強いオークションではありますが、現在では、お客様からご注文を頂いた業者が、お客様の代理としてオークションに参加するというスタイルも多く見られるようになってきました。このオークションでの取引価格は、各販売業者の利益を乗せる前の、原価価格(いわゆる下代)であるため、通常の感覚では考えられないような低価格で取引されていることがほとんどです。逆に言えば、中古車販売業者はこのオークションで仕入れた価格に、利益、人件費、在庫管理費等を上乗せして通常の店頭販売を行っています。

私たちLexus-Naviは、このオークションという制度を利用して、お客様にどうすれば安心して、安くお車をご提供できるのかを考えました。その結果が、『お客様のお探しの車をプロのオークション競り技術を以って落札し、即お客様にお渡しすることで、在庫管理費等のコストを全てカットし、最低限の利益(=一律の手数料)でより多くのお客様に販売を行う』『そのかわり、アフターサービスを充実させることで、お客様には乗り換えの度に何度もLexus-Naviをご利用頂き、末永いお付き合いをさせて頂く』というスタイルです。以下に、私たちが利用する中古車オークションについてご説明をさせて頂きます。

中古車オークションの制度(USS)

日本の中古車オークションの開催主体の中で最も有名なもののひとつに、USS(Used Car System Solitions)があります。

USSの中古車オークションは非常に厳正な管理体制のもとで行われ、これまで数多くのお客様にご満足頂ける取引の場を提供してきました。私たちLexus-Naviも、このUSSをはじめ、様々なオークション開催主体が全国で開催するオークションに出向き、お客様のお探しのお車を探しているのです。

ここでは特にこのUSSを例にとって、中古車オークションの管理体制の厳正さ、いかに中古車オークションがお客様のご信頼に値する制度であるかを、具体例を交えながらお伝えしたいと思います。

オークション出席者は、厳正な審査を通過しなければなりません

オークションに参加するためには、基本ルールとして既会員であるメンバーからの推薦がなくてはなりません。その既会員が連帯保証人となって初めて、新しいメンバーがオークションに参加することができるのです。オークション当日のオークション会場への出入りですらも、会員の入退場はIDカードで管理され、不正なメンバーの参加は厳しく制限されています。そのように、身元が保証された会員が集まって開催されるオークションは、品質においても、価格の決定においても、非常に安全で、透明性の高いものとなっています。

検査員が10段階の審査基準にそって、公平に出品商品を評価します

オークションに出品される商品の品質は、USSのプロ検査員が10段階の評価基準に沿って厳正に採点します。中古車売買において聞かれるトラブルの中には、事故車、メーター戻し車等車の品質に関するものも多く見られますが、中古車オークションの場合、こうして売り手、買い手の間に第3者としてオークション開催主体の検査が入るため、商品の品質についても非常に高い安全性・信頼性を誇っているのです。

出品商品は評価に基づいてデータベース化。実車の下見も可能です

USSで1週間に開催されるオークションで出品される車の数は、毎週平均5万台。1年間で、約260万台以上と言われています。また、そのオークションに参加する会員総数は37000社以上と言われています。
それら全ての車は、上記のようにプロの検査員によって1台1台評価され、その検査内容は写真と共に全てデータベース化されます。もちろんそれらの車は、落札後のトラブルを避けるためにも実車下見が可能。
こうして、1台1台の価値を正確に判断してもらった上で、取引を成立させることこそ、公平・公正な中古車売買を実現させることにつながっているのです。